弊社は、安全を最優先に、お客様に信頼されるバス会社を目指し、安全確保に努めてまいります。 

 

    
    

 

1 輸送の安全に関する基本的な方針

    1)「安全」を何よりも優先いたします。

    2)社長は、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けると共に、社員に対し
      輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底いたします。
    3)輸送の安全に関するPDCAサイクルを回し、輸送の安全性の向上に努めて

      まいります。

 

 

2 輸送の安全への重点的な取組みについて

    1)個別指導に重点を置き、再発防止を徹底
       初任運転者・事故惹起者・高齢運転者の重点指導
    2)社員教育の充実と安全意識の浸透
       集合研修、運転実技研修、添乗・現場指導の実施
    3)健康管理への積極的な取組み
       脳ドック・SAS検査の受診の実施と、結果への対応を充実

 

3 輸送の安全に関する目標と達成状況について

    1)2020年度の安全目標
       「事故件数4割削減、構内事故7割削減」

 

    2)2019年度の安全目標
       「人身事故、車両故障ゼロ!」
       【目標達成状況】「自動車事故報告規則第2条」に規定する重大事故の発生はありません。
          引き続き、2020年度も継続するよう努めてまいります。
          


 

4 輸送の安全に関する取組結果と2020年度の計画

    1)2019年度に実施した安全への取組み結果
       【別添参照 1】 PDF

 

    2)2020年度の取組み計画と安全確立への投資額
       【別添参照 2】 PDF

 

 

5 輸送の安全に関する内部監査の実施について

    1)実施日  2020年3月

    2)対象者  バス事業本部

    3)実施者  取締役総務部長(内部監査セミナー受講修了者)
           総務部内部監査担当者

 

    4)監査総評 運輸安全マネジメントの実施について、経営トップの積極的な関与、
           関係法令の遵守状況、運行管理体制について適正に実施されている

           ことを確認。

          【今後の措置内容】

           ・過労運転防止、運行管理について重点的な取組みを実施。

           ・異常時におけるBCP(事業継続計画)体制の確立。

 

 

6 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

    1)安全管理規程参照
          【別添参照 3】 PDF

 

    2)行政処分の公表
          【別添参照 4】 乗合 PDF
                   貸切 PDF

 

 

7 安全統括管理者

 

   荻 本 正 久(常務取締役バス事業本部長)